FC2ブログ

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第116号(2019年11月1日)発行のお知らせ


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2019年11月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン116号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,116今月のメルマガのテーマは、「人生を楽しむ」です。


心的防衛の中に“抑圧”、“投影”、“分割“があります。

例えば、わがままな自分は悪い自分だとして

出してはいけないので抑圧し、対社会的には適応します。

この抑圧された悪い自分(わがままな自分)を他者に投影して

その他者を批判したり嫌ったりします。

他者を見て、嫌いだ、引っかかる、気になる、批判攻撃するのは、

もともと自分の中にあった悪い自分です。

…わがままな悪い自分を受け入れることは苦痛なので、

内的世界でそれは自分ではないと自分から切り離します。

これが分割です。

…抑圧によって出よう出ようとしている悪い自己を抑えている状態は…

心的エネルギーの内圧が高いので、緊張状態が続きます。

頭痛・肩こり・目眩がし、高血圧になり、

睡眠時間を長くとるか、アルコールを飲まないと緊張がとれません。

…抑圧の緊張の中で生きていますが、本人にはわかりません。

それを外からみている分析家には、

わがままをしたいが抑圧しているクライアントの無意識が見えます。

…クライアントはわがままな人を忌み嫌ってきたので、

まさか自分がわがままをしたいとは思っていません。

しかし、“わがままな自分”を認めて受け入れれば、

抑圧する必要はなくなり、緊張もなくなります。

…“わがままな自分”を受け入れ、意識化されると

わがままをしなくなります。

…理性的に調整できます。

…抑圧のエネルギーが強いと、心的エネルギーは現実に楽しむなど

外に向かわなくなり、集中力がなくなり、現実の思考力や判断力に障害が起こり、

仕事や日常でのミスが多くなります。

現実意識が低下すると病気や事故に繋がり、危険です。

…一つ一つ意識化して自分のコントロール下におけば、

緊張や葛藤、心的エネルギーの浪費がなくなっていき

心身ともに軽やかになり、人生を楽しめるようになります。


(メルマガより一部抜粋)


興味ある方は下記URLよりメルマガ登録して、お読みください。


ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実



下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   
           連絡先  ℡090-7357-4540
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © ラカン精神科学研究所FC2出張所 All Rights Reserved.

photo&customize by カールアニキ