FC2ブログ

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第115号(2019年10月1日)発行のお知らせ


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2019年10月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン115号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,115今月のメルマガのテーマは、「自分を知って活かす」です。


精神分析では、部屋はその人の心、精神内界に例えられます。

…自分のある一部(一つの自我)を貶されたり否定されたりすると

自己の存在そのもの全てを貶され否定されたと思います。

…同じように、他者の嫌なある一部を見て、その人を嫌いになるのも“汎化”です。

これが『坊主憎けりゃ袈裟まで憎い』です。

…汎化する人は、個室のないワンルームに住んでいるようなものです。

…汎化しないためには、区切ること、

一つ一つ分化させた自我をつくり構造化することです。

それには、私が何者か、全ての心の部屋(自我)に名前をつけて、

機能を分化させること。

…マトリックスの三作目でしたか、映画の終わりの方で、

白いドアがいっぱいあってその部屋の鍵を持っている男の人がいます。

あの部屋一つ一つが人間の自我と同じで、

開けていない、使っていない部屋=自我がいくつもあります。

これが潜在能力です。

…過去に固着し、恨み・憎しみ、後悔など、コンプレックスにとらわれていると

せっかくある、自分の知らない、気づかない能力を

発揮することなく終わってしまいます。

…自分を知って、自分を活かす。それを精神分析は教えてくれます。

(メルマガより一部抜粋)


興味ある方は下記URLよりメルマガ登録して、お読みください。


ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実



下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   
              連絡先  ℡090-7357-4540
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © ラカン精神科学研究所FC2出張所 All Rights Reserved.

photo&customize by カールアニキ