FC2ブログ

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第113号(2019年8月1日)発行のお知らせ


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2019年8月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン113号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,113今月のメルマガのテーマは、「コミュニケーション」です。


他者・対人とは私ではない、私とは別の人です。

…意見や考え方、価値観が違うのは当然です。

ですから、それらが違っても怒ったり、驚いたり、ガッカリすることはありません。

…寄る辺なき存在であり、養育者(母)の世話と庇護無しには

一時も生きられない無力な赤ちゃん時代に、母や家の都合で母にくっつけなかったら、

くっつきたい、そばに居たい欲望は満たされないまま大人になっても無意識に抑圧されて、

依然としてその人の中にあります。

すると他者が私と同一であって欲しいその欲望は、対人関係に現れます。

…特に母親は子どもと一体・同一であるかのような幻想を抱きやすく、

…母の考えや意見と違う子どもの言動に対して、腹を立てます。

…全ての他者・対人は自分の全てを知らない、同一ではない、という認識に立てば、

言わなくてもわかるだろうとか、思い込みをせず、曖昧に語ることなく、

正確に伝えようとします。

…思い込みと省略が誤解を生みます。

…他者とコミュニケーションする時、予め私をこうみて欲しい、こう受け取って欲しい、

このことに対してこう答えて欲しいという要求を持っています。

この自分の思わくと違った反応・答えがかえってくると、

カチンときたり、ガッカリしたりします。

…コミュニケーションの目的の一つは共感です。

…コミュニケーションの学習は家庭で母とそして父としていきます。

そして日常的に、母・父とのコミュニケーションのパターンが無意識に再生されます。

(メルマガより一部抜粋)


興味ある方は下記URLよりメルマガ登録して、お読みください。


ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実



下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   
             連絡先  ℡090-7357-4540
スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © ラカン精神科学研究所FC2出張所 All Rights Reserved.

photo&customize by カールアニキ