FC2ブログ

分析家の独り言 723(自己愛:神に成り上がっていた私)


『人は自己愛を命懸けで守る』

多かれ少なかれ人は自己愛が傷ついています。

その傷つきを自分も見ないように、それを気付かないように生きています。

しかし、無意識にしまわれています。


今からおよそ19年前になるでしょうか、

インテグレーター養成講座を、学んだ中で、

『自己愛』の項目がさっぱりわかりませんでした。

当時、病的な肥大した自己愛さえも自分にはないと感じていました。


後に、私がインテグレーター養成講座をするようになって、

テキストや当時のノートを読み直したとき、

究極の自己愛、最大の自己誇大感は「神に選ばれた私」という意識である、

とありました。

そんな意識は自分にはない、と相変わらず思いました。


ところがまたある時、「自分が神だと思っている人間は、

失敗した時、物事が上手く行かなかった時、パニックに陥る」

「凡人であれば、上手くいかない事が普通で、上手くいけば儲けものだと感じる」

とありました。

この文章を読んだとき、「あれっ」と思いました。

私は怒られて育ったために、失敗したり、上手くいかないと、

「また怒られるのではないか」という恐怖の意識があって、

通常以上に焦ったり、動揺したりしてパ二クるのだ」、と

思っていました。

ところがこの文章を読んだとき、違っていたかもしれない。

本当は自分が神だと思っているのかもしれない、と思いました。


これは大変な事だと気付きました。

『神に選ばれた私』どころではなく、『神になった私』でした。

もう人間界には居ないという事です。

何というおごり高ぶりか。


しかし、『神になった私』だとすると、

些細な事で必要以上に動揺することの納得がいきました。

これは急いで自分を神の位置から引きずり降ろし、

人間にならなければいけません。


教育分析の中で、スパーバイザ―にも「私は神だと思っているようです」

と話しました。

スパーバイザ―に、「その通りだ、200%間違いない」と言われました。


また、神にまで成り上がらなければ守れないほどの自己愛の傷つきを

抱えていたのかと、認識しました。

このことに気付いてから、徐々にパ二クることが少なくなり、

冷静に目の前の事に取り組むことが出来るようになりました。

そして、とても楽になりました。


「気付きが全てである」、と分析では言いますが、その通りです。

精神分析と、その理論を学びたいと言ってくれるクライアントのお蔭で

気付かせてもらいました。

ありがとうございます。感謝です。


             インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー


スポンサーサイト



Powered by FC2 Blog

Copyright © ラカン精神科学研究所FC2出張所 All Rights Reserved.

photo&customize by カールアニキ